具体的ゴールを決めずに行動するということは、ぼんやりと未来をイメージしながら日々過ごすということになり、ゴールがないのでスタートも存在しません。達成も実現もない。ただなんとなく、今年は良かったとか悪かったとか結果をみるくらいしかできないと思います。

具体的ゴールを決めて、決めたことを確実に実行している人は、間違いなく商売はよくなってます。僕のクライアントの場合、100%と言い切ってもいいです。

やる!と決めて実行する。

たったこれだけのことなのですが、それができる人はごくわずか。仮に目標を作ったとしても、継続的に行動することができません。

やると決める
決めたことを実行する

 

やぜ決めたことを継続的に実行できないのか?

それは、考え方や習慣が邪魔をしているからだと思います。

例えば、こんな人が成功できるでしょうか?

・お金にだらしない人
・約束を守らない人
・優先準備を決めずに行動する人
・目の前のお金のことばかり考えている人
・喜ばれることよりも集客のことばかり考えている人

世の中にはいろんな法則があります。

原因と結果の法則、返報性の法則、表裏一体の法則。など、自分の行いはそのまま自分に返ってくる。

うまくいかない人は、たぶん基本的な考え方が間違っているか、物事の法則を理解していないのだと思います。

それと、自分にとって都合の良い言葉だけを鵜呑みにしてまう人も多いです。

得意なことだけをやれば成功できる(苦手でも重要なことはある)

繋がりが全て最後は人(商品力が決めてで購入する人が圧倒的に多い)

無理をしない(努力しなくてもいいという意味ではない)

 

あれこれ書きましたけど、結局のところ、目標と計画を作って積み重ねていくしか方法はないわけです。