ヨガインストラクター具体的ブランディング方法

10月15日東京で、クリヤヨガアカデミー代表サッチー亀井氏とコラボセミナーを開催します。亀井氏はヨガの本質について、私城岡はヨガインストラクターのブランディング方法についてお伝えしたします。

こちらの記事も合わせてお読みください。

ヨガインストラクターのブランディング。好きな道で成功するには?

 

ヨガインストラクター具体的ブランディング方法

日本中でブランディングセミナーやブランディング講座が開催されていますよね。今はSNSを使ってセルフブランディングが当たり前の時代になりました。しかし、その多くは「自撮りをしたら認知度が上がる」「インスタで素敵な写真をアップしたらフォロワーが増える」など、本来のブランディングとかかけ離れな内容であることが多いです。

そもそもブランディングとは何か?そこから考えていきましょう。ブランディングには3つの方法があります。

会社ブランディング
商品ブランディング
自分ブランディング

この3つです。

例えば、一緒にセミナーを行う「クリヤヨガアカデミー」は言うまでもなくスクールという組織です。スクールとしてのブランディング、商品のブランディング、サッチー亀井氏個人のブランディング。この3つを同時に行なっているのです。

城岡プロモーションでも同じことが言えます。城岡プロモーションは個人事業主を対象に、ビジネスモデル構築・ブランディング・マーケティングを行う会社で、図解ビジネスモデル作成ノートの認知度を高め見込み客を集めています。

代表城岡のブランディング方法は「カメラマン」「デザイナー」としても活動していると言う点。直感的に惹きつける写真訴求力やデザイン力を伝えながら個人の認知度を高めています。

 

インストラクターとしてセルフブランディングから

まずは難しいことを考えず、自分自身のブランディングから始めることをおすすめいたします。

ブランディングする時、一般的に過去を振り返るワークを行うのですが、私はどちらかというと「これから」を意識しながらブランディングします。

強みというものは見つけるものではなく、行動した結果見つかるものだからです。

 

今の自分が未来の自分を創る。プロとしてどんな自分が理想か?

SNSやブログであなたの存在を目にした時、周囲にどのような印象を与えるか?

エネルギッシュな人、飾らない自然な人、優しくてふんわりした人、厳しそうだけど芯がしっかりしている人など、いろんな印象があると思います。

どれも間違いではありません。「未来の自分」と今の自分発信が一致していて、そこに「専門家・プロ」としての印象が加えることで、自分の存在価値を周囲に知ってもらうことができます。

まずはどんな自分になりたいのか?思考のアウトプットが必要です。

 

過去ばかりに目を向けないこと

つい過去ばかり振り返ってしまう人がいます。なかなか答えが出ないので、余計に悩んでします。過去を振り返り答えがでないのであれば、それは経験が不足しているということ。

未知の可能性に目を向けることも重要なことです。

私は7,8年前までインターネットを全くと言っていいほど使っていませんでした。ブログやFacebookで人を集めるなんて想像もしていなかったのです。

でも、いざやってみると、自分が思っていた以上に反応がよく、今では全国でセミナーを開催できるまでになりました。

強みが見つからなければ、これから見つけて行けばいい。まだ知らない自分、まだ気づいていない本当の強み、ちょっとした意識の変化で新しい自分や本当の自分を見つけることができます。

 

ブログ・Facebook・インスタグラムなど、自分発信メディアの構築する7つのポイント

スマホがあれば簡単に発信できるのですが、その前に自分自身の心が喜ぶ発信コンセプトになっているか?また、それが顧客にとってメリットのある情報なのか?コンセプトを明確にする必要があります。

ビジネスコンセプトも重要なのですが、まず次の7項目を明確にするところからはじめてみてください。

1,自分がもっとも喜ぶ自分の姿
2,自分が具体的に求めていること
3,自分の信念や理念・信じていること
4,大切にしているものや考え方
5,どんな人と仲良くなりたいか
6,心が喜ぶ直感的映像やイメージ
7,自分が信じる自分の存在価値

このようなワークが必要な理由は、あなたがヨガインストラクターだからです。

一般的なマーケティングでは、ターゲット客を設定し、ターゲット客の悩みを解決できるコンテンツを作り広告やSEOで見込み客を集めていきます。

でも、そのやリ方では心から喜ぶことができない。あなたはビジネスの専門家ではなくヨガインストラクターだからです。

 

自分の発信が好きになる自分・失いたくない大切な自分メディア

マーケティングが苦手な人は逆算で考えてみましょう。

やりたくもないwebマーケティングに挑戦して失敗したサイト。多分、「もういいや」となった瞬間ネット上からその情報を消去したくなると思います。

そうではなく、先に絶対に消去したくない大切な自分発信メディアを作ってしまうのです。

何度か紹介させていただいてる、ピュアスノウの堀尾智美さんのサイト。このサイトは何十人もの人が「こんな風に作って欲しい!」と要望があった人気サイトです。

いろいろ工夫はしているのですが、その以前に堀尾さん自身が自分のサイトのことが大好きなのです。マーケティングやビジネス理論だけが優先するなら多分サイトは作らなかったはずです。

先に、先に絶対に消去したくない大切な自分発信メディアを作ってしまったことが、このサイトの成功ポイントでした。

マーケティング要素は後から加えれば良い。自分が自分を好きになり、心が喜ぶ発信をしてファンを増やす。マーケティングはそのベースができてからでも遅くはないのです。

 

周囲のノイズはどのように消せば良いか?

飽和状態と言わるだけあり、どこを見ても同業者でいっぱい。特にヨガは個人法人いずれも競合がたくさんいます。

それに加え、周りには自分の先生や仲間もたくさんいて、どうしても人目が気になってしまいやりたいことができないという人がいるようです。

ブランディングをすれば目立ち、目立つと必ず反対の人も現れるものです。

これは悪いことというよりもむしろ良いこと。私はそう思っています。

本当の意味で「やる」と決めたことを貫き行動すると、その思いが人やお金を集めてくれるようになります。

好きな人に囲まれ、仕事も順調、やりたいことができて理想の人生を進み出した時、雑音は聞こえなくなります。

聞こえたとしても気にならなくなります。

飛行機の中で赤ちゃんがないてたとします。私は全く気にならない。「元気に育てよ〜」と思うだけ。

でも、中にはイライラして文句を言う大人たちもいますよね。

事実は同じでも、自分の心のあり方によって感情は変わるということです。

 

10月15日のセミナーではさらに詳しくブランディング方法をお伝えします。20名限定の完全無料セミナーです。興味のある方は是非ご参加くださいさい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

10月15日のセミナー詳細はこちらです。

 

起業・集客・ブランディング・ビジネスモデル等のご相談はお気軽に!契約前に料金をいただくことはありません。

無料相談フォーム