仕事の中で起きている「伝言ゲーム」正しく情報を伝えるために

10月23日は、メルマガ読者様限定で無料セミナーを開始します。来週にはお知らせしますので、興味のある方は今すぐ登録しておいてくださいね!

無料メルマガの登録はこちら

仕事の中で起きている「伝言ゲーム」

一列に50人が並び、先頭の1人が隣の人にだけ「ある情報」」を伝える。

そして、その情報を入手した隣の人が、次の人へと伝えていく。

お題の難易度にもよりますが、50番目の人にその情報を正しく伝えることは簡単ではありません。

これはゲームだけではなく、普段の生活や仕事の中でも起きていることです。

 

  1. 来週は天気がいいみたいだからみんなでドライブに行こう
  2. 来週、天気が良かったらみんなでドライブに行こう
  3. 来週、雨がふらなかったらドライブに行こう
  4. 来週、みんなでドライブにいくのだけど、もし雨が降ったらどうする?
  5. 来週のドライブ、もし雨が降ったら飲み会に変更ということで!
  6. 来週のドライブ、飲み会に変更になるみたい
  7. 来週のドライブ、どうなたんだろうね?

 

このように、少しづつ解釈がかわっていくのが伝言ゲームの特徴です

 

なぜ、こんな簡単な情報が正しく伝わらないのか?

その理由は、それぞれが自分の感覚でイメージしてから言語化するからです。

「天気がいいみたいだから」が「天気が良かったら」に変わるだけで、次の人に正しく情報が伝わらなくなります。

1番目の人は、天気がいいみたいだからみんなでドライブに行こうと言ってます。

「いいみたいだから」すでに調べているということですが、2番目の人は「天気が良かったら」と言ってます。

まだ自分では調べていないのでしょう。

3の人は「天気が良かったら」を「雨が降らなかったら」に勝手に変更

伝わらないのは一人一人のイメージが異なるから。

つまり、本当の原因は一番はじめの人にあるということです。

もし発した言葉が、こうだったら…

「天気予報を見たら来週は天気がいいみたい。みんなでドライブに行こう。富良野のラベンダーや美瑛の青い池を見に行かない?」

青空の富良野ラベンダー、真っ青な池のイメージが優先すると思いませんか?

 

ランチ会交流会などイベント参加者募集もイメージが大事

イベントで人を集める時なども、イメージを伝えることがすごく重要です。

時間がある人は参加してください!というと、時間がない人は来なくていいと解釈します。

こんな体験ができる機会はめったにありません!ぜひ時間を作って参加してくださいね!

 

というと、その体験がイメージできるので、参加しやすくなるだけではなく、周囲の人にも伝わりやすくなります。

 

ちなみに、今年開催した支笏湖キャンプ交流会の写真

夜遅くまで酒を飲みながら語りました^^

 

正しく情報を伝えるために

人は自分のフィルターを通して自分なりのイメージを作ってから、次の人へ伝えます。

相手のイメージと伝える側のイメージが一致すれば、正しく伝わり、行動してくれる人も増えていきます。人から人へ、情報が繋がってる時代だからこそ、正しい情報発信を意識することが重要ですね。

その場にいったら何があるのか?何が起きるのか?何が得られるのか?正しく情報を伝えるために、相手がイメージできる一言を見つけてから発信しましょう!

 

 

 

マーケティングが苦手な方のためのビジネス成功6ケ条

理想的な仕事のやり方〜チャレンジあるのみ〜

10月23日は、メルマガ読者様限定で無料セミナーを開始します。来週にはお知らせしますので、興味のある方は今すぐ登録しておいてくださいね!

無料メルマガの登録はこちら

登録者数1000人突破

無料メール会員
城岡プロモーションでは無料メール会員を募集しております、仕事に役立つ情報から、情報整理に役立つワークシートまで、目標を達成する為の情報が無料で手に入ります。

sns活用無料メール講座

メール講座
snsキチンと活用出来ていますか?役立つ事は分かっているけど、活用出来ていない、そんな方の為の無料講座です是非チャレンジして下さい。