ホームページ制作会社/webマーケティング業者の苦悩

ホームページ制作会社/webマーケティング業者の苦悩

月に1件くらいはホームページ制作会社やwebマーケティングコンサルタントから相談をいただきます。web関連のお仕事は儲かってると思われがちなのですが、そんなことはありません。潰れてる会社もたくさんあるのです。

Facebookで繋がってる同業者の方や共通の知り合いがいる専門家の話ではありませんので、はじめにお伝えておきますね。

ブログで集客するにしてもFacebook他SNSを活用するにしても、webマーケティングの基本は絶対に覚えておくべきです。

多くの専門家はキーワード選定と記事の質が重要というのですが、この正論に落とし穴があるのです。

どういうことか?

現実的な疑問点を5つ書き出して見ました。

1,検索順位が1位になったからといって本当に集客できるのか?

2,みんながみんな良質の記事が書けるのか?

3,相手が求めているキーワードは本当に存在するのか?

4,全員が継続的な良質記事のネタを持っているのか?

5,素人がアクセス解析の数字を見たところで本当に効果的な分析と改善ができるのか?

6,成果が出るまでに時間がかかりすぎるのではないか?

 

よほど本腰をいれて勉強し、さらに発信者として豊富な情報資源を持っていなければ、webマーケティングは難しい。というのが現実ではないでしょうか。

初心者にwebマーケティングの重要性を教える。みんな初めは興味をもつでしょう。しかし、9割以上の人は学んだことを自分の判断で実践に落とし込むことができません。

「教えた通りやってね。」では、できる人は限られてるということです。ここにwebマーケティング業者の苦悩があるわけですね。

うちのwebサービスは、コンサルティング・制作・サポート、全てを含む内容になってますので、基本的にはお客様は記事を書くだけ。

webマーケティングは日々の記事を書きながら学んでいただきます。「教える」だけではなく「代行してあげる」に考え方を変えたわけです。

例えば、絵画の先生がネットで生徒さんを集めたいとします。その先生は絵画のプロであって、ネットのプロではない。

その先生に、一からwebマーケティングの基礎を叩き込み、結果を出すまでにどれくらい時間がかかるでしょう?

それで本業の絵画教室の運営が全力で運営きるのでしょうか?

 

どの業者も、間違ったことは言ってません。私なんかよりも詳しい人はたくさんいるでしょう。

失敗するとしたら、「誰でも努力すればできる」「丁寧に教えてあげれば誰でもできる」「基礎から学び全て自分でやるべき」という前提が間違っているからです。

 

webマーケティングを始めるときに、一般的に5つの情報整理を行います。他にもいろいろあります。

1.リサーチ(狙うワード・競合サイト)

2.キーワードとゴール設定

3.ペルソナ設定(ターゲット)

4,カスタマージャーニーシート作成(プロセス)

5,コンテンツ作成シート(文章構成)

 

これ、絵画教室の先生にできるのでしょうか?笑

正しくわかりやすく教えただけで、本当に結果がでるのでしょうか?

やるかやらないかを決めるのはお客様です。業者さんは悪くない。

でも、そもそも、難しいことを簡単と思わせてwebマーケティングを進めているのであれば、1年後には9割は解約になってるはずです。

もし、本当webマーケティングの業界で成功したいのであれば、教えるだけではなく、リサーチ・戦略・設計など、難しいことを代行してあげたり、具体的な提案アドバイスをすべきだと思います。

プロが考えて、相手にとって有効なキーワードや戦略が思いつかないのであれば、やるべきことはwebマーケティングではなく、人脈構築や出会いの強化かもしれません。

SNSを活用してイベント集客などをやってもらった方がよほど効果があると思います。

私に相談してくるwebの専門家は、とにかく資料資料資料と、準備のための資料が多すぎます。重要なのはわかります。私も一通り資料は用意していますが、たしかにどれも重要です。

これ以上は書きませんが、初心者目線で考えてあげてください。あなた(業者さんや専門家)が思っている以上に相手は初心者です。

 

 

登録者数1000人突破

無料メール会員
城岡プロモーションでは無料メール会員を募集しております、仕事に役立つ情報から、情報整理に役立つワークシートまで、目標を達成する為の情報が無料で手に入ります。

sns活用無料メール講座

メール講座
snsキチンと活用出来ていますか?役立つ事は分かっているけど、活用出来ていない、そんな方の為の無料講座です是非チャレンジして下さい。