稼げるビジネスを作るためには具体的に何が必要か?

稼げる起業家と稼げない起業家、この違いはなにか?成功している人と同じようにやってるつもりでも、全然結果が出なかったり、ノウハウを学び実践しても思うように集客や売上が伸びないなど、思い通りに稼げないと悩む人は少なくありません。実際に稼げるビジネスを作るには何が必要なのか?この記事では、その具体的方法や考え方をまとめてみたいと思います。

 

1.お客様が興味を持つものやコトを探す

何と言っても重要なのは「相手の視点で考える」ということです。稼げる起業家は、ここがものすごく得意です。読んでて面白い文章、欲しい!と思わせる見せ方、この人すごい!と感じてもらえる自己表現など、「相手が興味を持つこと」が見えているのです。稼げない人は見えてないのではなく「見えてるつもり」になっていることが多いですね。まずは、理想のお客様像を明確にするところからはじめましょう!

 

2.達成できる具体的目標を作る

稼げる人は自分が今何をやるべきかが明確です。具体的目標を持っているのです。逆に稼げない人は、焦りや不安から目標を見失ってる人が多いと感じることが多いです。例えば30日以内に新規のお客様を1人獲得する!という具体的目標を掲げて達成するための計画を作り実行すれば、ほとんどの人は達成できるはずです。

 

3.専門性が伝わるブログ・ホームページ・名刺を作る

目標を作って行動しても、何ができる人なのかが伝わらなければ、仕事の相談は少ないと思います。お客様の悩みや問題を解決することがビジネスの基本ですから、「この人なら!」「このサービスなら!」と思ってもらえる伝わるページやサイトは必ず用意しておきましょう。

 

4.見込客が集まり、自然に売れる仕組みを作る

見込客を集めるためには、まず(1)ターゲット客をしっかり理解しておくことが基本です。ほとんどの人は興味のないものや情報には振り向かないものです。では、具体的に見込客を集めるにはどうすればよいか?方法はいくつもあります。

A)ブログに見込客を集める

B)FacebookやTwitterで拡散して集める

C)メルマガで関係性を濃くする

D)チラシやパンフレットを配る

E)名刺や宣伝用のカードを作る

F)イベントなど出会いの場を作る

他にも方法があると思いますが、すぐできることは上記6項目です。この6つの方法を組み合わせて、見込客と接触するまでの仕組みを作ることが、集客のための準備となります。実際に接触してからは、相手にとってのメリットを伝え、不安を排除することで自然に売れる仕組みが完成します。

 

とは言っても….

どこかで聞いたことことがある話だし「それならやってるよ」と思う人もいるかと思いますが、稼げる人は、毎日仕事を思い切り楽しんでて、発信も遠慮しない、イベントなど楽しむときは楽しむ!など、とにかく遠慮なく思い切りやっているのです。

 

何を思い切りやればいいのか?

真剣に稼げるビジネスを作りたい人は、下のコンセプトシートに必要事項を全て記入してみてください。それがあなたのビジネスの全となるはずです。ここに記入したことを先ほどお伝えした実行項目に当てはめて思い切りやれば、稼げるビジネスを作ることができます。

例えばですが、文章だけで伝えてもわからないよなぁと思ったら、下のような図解で説明するとより伝わるようになるし、パソコンソフトが苦手なら、youtube動画を使う方法もあります。もっと伝わりやすく!もっと喜ばれるために!と工夫し続けることが売上や利益に繋がっていくわけです。

コンセプトを明確にし、集客や販売の準備をする。そして、継続な利益を出すための仕組みを作ることで「稼ぎ」は増えるわけですが、これを実行するためには成功マインドあるいは経営者マインドを自分自身にインストールする必要があります。

多くの人がそれができなくて、自己啓発セミナーや目に見えない世界にいってしまいます。それが悪いとはいいませんが、しっかりと現実と向き合い行動したほうが稼げるビジネスが作れると思います。

稼げるビジネスの仕組みを作り方、起業を考えているけど、うまくまとまらない方はぜひ一度ご相談くださいね。

電話での無料相談はこちらのフォームからお願い致します。
https://shirooka.net/mousikomi/

登録者数1000人突破

無料メール会員
城岡プロモーションでは無料メール会員を募集しております、仕事に役立つ情報から、情報整理に役立つワークシートまで、目標を達成する為の情報が無料で手に入ります。

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。