メルマガ読者3000人を集めて思ったこと

メルマガ読者3000人を集めて思ったこと

2010年にメルマガをスタートさせて読者を3000人にするのに5年かかりました。集客ノウハウやビジネスに役立つコンテンツを作り、無料で提供すればメルマガ読者は集まります。

無料で公開したら有料サービスに繋がらないのでは?という方がたくさんいるわけですが、実際はその逆です。無料で出し切るからこそ仕事が入るんです。

1冊の原価500円のビジネスマニュアルを300人に配布したことがあります。

制作日数は1ヶ月、、マニュアルの制作費を含めると30万円以上になります。まだまだ資金が足りない時の話なので、30万円の投資は楽ではありませんでしたが、どう考えたって赤字にはならないと考えたのです。

実際には10人くらいが有料サービスを受けてくれることになり、メルマガでの無料情報提供で赤字になったことは一度もありません。

このように、時間とお金をかけて無料コンテンツを作り、見込み客を集める作業で見込み客を集める仕組みは決して悪い方法ではないのですが、でも、このやり方は労働に近かった。

2014年末時点で、メルマガ読者は約3000人になっていたわけですが、そこに費やし時間は5000時間以上です。(1日3時間,年間1000時間,時給1000円で計算すると約500万円。)これだけの投資をして3000人のメルマガ読者を集めたことになります。

確かに仕事に繋がることが多く、セミナー集客も楽になりました。やって来たことが無駄とは思いませんが、でも、改めて現実的な数字を見ると、5年で5000時間は時間は使いすぎ。

2年ほど前のことですが、読者数にこだわってもビジネスは成長しないということがよくわかりました。

今でも「ブログ+メルマガ」は使っているし、これからも同じようにやっていきますが、数字ばかり追うのは2年前で卒業です。

数年前まではメルマガ読者を増やすために年間1000時間を費やしてきたわけですが、1000時間あればもっと効率良く多くの人に喜ばれることができるのではないだろうか?と考えるようになりました。

走り続けていなければ仕事が止まってしまう仕組みはしんどすぎます。たまに立ち止まって考えることも必要です。そんな時でも、ちゃんと仕事が入ってくる仕組みが理想ですね。

集客できない。売上が上がらない。たぶんビジネスの悩みのほとんどは時間の使い方だと思います。目先のことばかりに時間を使うのではなく、未来のための時間を使うことが大事ですね。

10月1日からサービス内容が変更になってます。コンサルティングだけではなく、ビジネス総合プロデュース、各種単発サポートも充実させました。

詳しくは会社サイトをご確認くださいませ。

http://shirookapromotion.co.jp

 

 

10月より、新メルマガ「週刊城岡メルマガ」スタートします!

ビジネス総合コンサルティング募集