経営が苦しいときこそ基本が大事!

売上が苦しい時、このように言う経営者が多いです。「まずは売上アップ」「まずは新規集客」

私はそうじゃないということを伝えます。

たしかに短期間での売上アップは必要でしょう。でも、何かを大きく変えなければ状況は変わりません。

一番変えなければいけないことは、自分の心ではないでしょうか。

自分は誰の為に仕事をしているのか?

自分ならではの強みは何か?

それが全ての媒体でシンプルに伝わっているか?

自分は顧客に何を約束しているのか?

自分は何を目指しているのか?

このように、基本となるコンセプトをしっかり考え直し、お客様の笑顔をイメージすることを最優先にするべきと考えます。

経営が苦しいという現実は、簡単にいうと「プラスのサイクル」「プラスになるビジネスモデル」が出来ていないからです。

また、わかっていても実行していない人も多いです。

仮に、失客が多い状態で新規集客をしたらどうなるか?と考えないのです。

失客が多くリピート率が悪いお店は、簡単にいうと満足度が低いということですよね。

こんな状態でも、新規客さえきたら満足されることができる!と思う人もたくさんいます。

だから、経営状態が変わらないのです。

同じことを繰り返さないこと!
大きく反省すること
考え方を変えること

自分の心が変わらないと、復活することは難しいかもしれません。

中身を改善せず、変化を嫌い、自分は正しいと思っている。そんな経営者も多いです。

せっかく良いものを持っているのに、間違った思い込みでいろんなチャンスをブロックしている人がたくさんいますね。

何年たっても経営状態がよくならないのは、広告の技術、WEB集客のノウハウが足りないから?

そうではないと思います。

経営理念やビジョン、共感される想いと、プロとしてのたしかな技術。

自分の価値をシンプルに伝えること。

具体的な誰に何を約束するのか…

しっかり、ビジネスの土台作りからはじめるべきかと思います。

同じことを繰り返さないために。

ビジネス総合コンサルティング募集