思考の文字化『文字化・整理・実行』3ステップでごちゃごちゃした頭を整理!

思考の文字化『文字化・整理・実行』3ステップでごちゃごちゃした頭を整理!

いつも頭の中がごちゃごちゃしていて、なかなか結論が出せない方はいないでしょうか?

次から次に情報が入ってくるものの、今の自分にとって必要な情報かどうかの判断もできない。このような状態では、せっかくの努力も結果が付いてこない残念な結果になってしまうかもしれません。

頭の中がごちゃごちゃしているのは、頭が悪いとか考えていないとか、そういうことではありません。いきなり整理しようと思うからいつまでたっても変わらないのだと思います。

モノがパンパンに詰まっている押し入れを整理しようと思ったとき、あなたならまず何をやりますか?パンパンに詰まった状態の押入れの中だけを動かし整理するでしょうか?

一般的には、まず押入れの中のものを全て外に出すはずです。そして、これからの自分に必要なもの、もう使わないもの、探してたもの、忘れていたものなど、まずたくさんあるモノを振り分けますよね?

必要のないものは廃棄し、本当に大切なものだけを手元に残し整理するはずです。

情報の整理、頭の整理もこれと考え方は全く同じです。一度頭の中にあるものを出し切らなければ、ごちゃごちゃした状態は整理できないのです。

皆さんは、思考のアウトプット「文字化」をどれくらい真剣に取り組んだことがありますか?成功している経営者は、常に思考のインアウトを行ってると言われています。

忘れないように紙に書き出したり、書き出された文字をさらに深く考えたり、習慣としてアウトプットができているのです。

逆に、いつも頭がごちゃごちゃしていて、思考の整理ができていない人は、『文字にする』などのアウトプット作業はあまり行なっていないようです。

思考の文字化は習慣にすべき、そしてアウトプットによって気づきがあったら即行動すること。是非、文字化からスタートしてみてください。

 

 

 

起業家がやっておきたい4つの文字化

次の4つの質問に答えることができるでしょうか?

あなたにの明確な目標は?3年後どうなっていたですか?

あなたのターゲット客が一番悩んでいることはなんですか?

ライバル競合はだれですか?

あなたが提供している商品の一番の差別化ポイントはどこですか?

ビジネスがある程度順調にいってるかたは、簡単に答えることができるはずです。

でも、あまりうまくいてない方やまだまだ理想とは程遠いという人は、おそらくこの4つの問いの答えをすぐには言えないはずです。

この4行だけを見ても答えはでません。今、整理されたない複数の情報が、押入れに詰め込まれている状態なのです。

 

思考の文字化!一度全部だしましょう!

見るだけで気が遠くなる方もいるかもしれませんが、どんなに難しい問題でも、現状を全て吐き出せば自然に答えは出てくるのです。

今の自分の状況を全て書き出す。文字化することで、今自分の目の前にある壁や、忘れていた既に持ってるものを思い出したりします。

何も出さずに整理だけしたのでは、ただ体力が消耗するだけで根本的な解決にはなりません。とにかく、今の状況を全部吐き出してみてくださいね。

 

次回はもう少し詳しくお伝えしたいと思います。

メルマガではこの記事に関連する資料のプレゼントや無料動画セミナー配信を行っています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。