Googleを意識するのではなく見込み客を意識することが一番の対策⁈

blog2

Googleを意識するのではなく見込み客を意識することが一番の対策⁈

ブログで集客といえば、やはり気になるのがキーワード選定やSEO対策ですよね。数ある対策の中でも、特にキーワード選定を重要視されてる方が多いと思います。

ここで多くの方はキーワードの選び方やテクニックを学ぼうとするわけですが、その前に、Googleの理念を再確認しましょう。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3. 遅いより速いほうがいい。
4. ウェブでも民主主義は機能する。
5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10. 「すばらしい」では足りない。

すでに答えは出ていると思います。

アクセスが何百万と集まるサイトは、これらの条件を満たしているわけです。

ターゲットを絞り、一つのことを発信し続けること。そして、その情報が検索にした人にとって喜ばれる情報であるなら、自然に検索される記事が増えていくはずです。

もちろんseoの基礎知識や最新のwebマーケティング事情は勉強すべきだと思いますが、どんなに勉強しても、「良質の記事」と言われるものが書けなければ、学んだことはただの知識でしかありません。

 

Googleに好かれるよりも見込み客に喜ばれる記事を!

web情報をインプットしすぎて、見込み客ではなくGoogleを意識するようになってしまう人が多いような気がします。Googleを本当に対策するのであれば、見込み客に喜ばれる記事に力を入れるべきではないでしょうか。

見込み客に喜ばれる記事を書くための絶対条件はキーワードを選ぶこと。そしてなぜ検索した人はそのワードで検索したのか?何が知りたいのかを真剣に考えることが重要です。

 

見込み客に喜ばれる記事とはどんな記事か?

ネットで情報を探している人は、目的があって調べています。ネットサーフィンをしている方は漠然とした目的かもしれませんが、いずれにしても目的はあるはずです。

例えば、「母の日 カーネーション 通販」このワードの場合、母の日にカーネーションを贈ると決めてる人が多いと思います。では、このワードだったらどうでしょう?「母の日 プレゼント」何か良い情報がないか調べている人が使う言葉ですね。

このように、同じ母の日に関する情報でも、キーワードによって喜ばれる情報は変わってくるのです。

「ブログ記事の書き方」というタイトルであるなら、ブログの記事の書き方を丁寧に教えてあげること。「ブログ集客の基本」というタイトルであるなら、ブログ初心者が検索していることが予想できるので、初心者でもわかるような言葉でここは絶対に重要だよ!というポイントを教えてあげるのも喜ばれるかもしれませんね。

 

どこまでいっても絶対的な答えが見つからないのがseo対策です。

 

答えがないというのが答え。

であるなら、ある程度の基本情報を得たら、検索する人(見込み客)にとって役立つ記事や面白いと思える記事を書くことに専念すべきだと思います。

仮に何らかの対策でアクセスが増えたとしても、わずか数秒で離脱されたのでは何の意味もありません。このサイトはたくさんの訪問者がいるけど、みんな最後まで読まずに離脱してるな〜なんて思われたら、当然そのサイトは強くならないと思います。

 

見込み客が本当に知りたい情報はなにか?

ターゲット客の選定や見込み客が知りたい情報を整理したら、「どのように解決するのか?」読み手にわかりやすい結論をわかりやすく伝えましょう。

キーワード、文章力、動線、確かにどれも重要だとは思いますが、もっと重要なことは中身のはずです。

Googleの基本理念を何度も読み返せば、ネット集客の本質が見えてくると思います。

登録者数1000人突破

無料メール会員
城岡プロモーションでは無料メール会員を募集しております、仕事に役立つ情報から、情報整理に役立つワークシートまで、目標を達成する為の情報が無料で手に入ります。

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。