いいね!が少ない記事ほど集客できる!

Facebookの「いいね!」と集客の関係性について

いいね!をたくさんもらうことができればどんなよいことがあるのか?

影響力?集客?認知度アップ?

それぞれ思うことが違うと思いますので、ここは触れずに進みますね。

いいね!というのは、挨拶のようなものではないでしょうか?

いろんな人がやってる、「おはようございます!今日も頑張りましょう!」というコメント。(同時にいいね!)

きっと記事の内容に関係なくいいね!を押してると思います。

そしてルールとして、自分も同じことをしているんですよね。いいね返しやコメント返し。

いいね!が多いと素直に嬉しいです。

でも、それが目的になっていたのでは全く意味がないし、むしろマイナスイメージがついてしまうこともあります。

例えば、20代の女性起業家に、50代、60代の男性が朝から「おはようございます!今日も素敵な1日を〜!」なんてコメントが入ってたら、めちゃくちゃ違和感あります。笑

なに?この人たち?と、、

そうです。

この人たち。と思われるのです。

お客さんも見てるだろうし、身近な人も見てますよね。

だから、普通の目線で考えて違和感があることはやらない方がいいんです。

それと、この記事を読んでくれた皆様にははっきりお伝えしておきますが、「いいね!」の数は集客に比例するわけではありませんから、誤解しないでくださいね!

というよりも、むしろ「いいね!」の数がすくない方が集客できてると思いますよ。

考えてみてください。

これ、僕のFacebookの投稿なんですけど、もし皆さんがこの記事に興味があったとしたら、どこをクリックしますか?

スクリーンショット 2015-05-15 22.48.51

本当に興味のある人は、投稿ないの青いリンク文字をクリックして詳しい情報を読むと思います。

その記事を読んで、戻るボタンを押して、いいね!を押すってことは少ないと思います。

私のFB投稿の画像はいいねが37になってます。

実際のアクセ数はそんな数字ではありません。もっともっと多いです。

そして、実際にお申し込みもたくさん入っています。

こういった仕組みを知らなければ、どんどん間違った方向に進んでしまいます。

いいね!の数を増やすことを目標とすることが悪いとは言いません。

具体的な目標を作ることはとてもいいことです。

でもあなたの目的が集客なのであれば、SNSのことはもっと勉強すべきです。

表面的には地味に見えるかもしれませんが、いいね!が少ない方がアクセスが多かったり集客できてるということを覚えておいていただければと思います。

The following two tabs change content below.

城岡 崇宏

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。