応用の前に集客の仕組みを理解しよう!ブログ編

応用の前に集客の仕組みを理解しよう!

たまに、答えだけど求めるストレートな相談を受けることがあります。例えば、ブログ集客で悩むお客様からは「どんな記事を書けば良いですか?」「どんなデザインにすれば興味を惹きますか?」などです。

質問するのは簡単だと思うのですが、この聞き方だと少し長い回答になってしまいます。この記事に基本的なことを書きますので、まずは基本的なことから学んでいただければと思います。

まずブログ集客とはなにか?

言葉通りお客様をブログに集めることです。売る事ではありません。

だいたいこの3つで決まりです。

ブログのアクセスは「検索」「ファン」「紹介」この3つくらいしか流れはありません。

検索キーワード
ファン/読者
紹介/口コミ

訪問者はなぜあなたのブログにたどり着いたのでしょう?またどんな人に訪問してもらいたいですか?

ここを理解することが集客の第一歩です。

記事の質を高めることはブログ集客において最も重要なスキルなわけですが、その前に誰に何を伝えようとしているのか、ブログの目的をしっかり決めることが重要です。

先ほども行った通り、ブログ集客とブログ販売は違います。

訪問者は何か悩みがあります。たった1記事で納得する訳ではありません。この人のブログ面白いな〜と思ったら読者になってくれたり、コメントを入れてくれたり、読者との距離は縮まるものです。

そして、その訪問者にどうしてもらいたいのか?目的まで分かりやすく誘導する必要があります。ここはテクニックが必要な部分です。

訪問者がもっと知りたい事は?

集めて売るという導線も必要ですが、私の場合すぐに売れると思っていないので、メルマガに登録してもらうようにしています。

なるほど!
この先が読みたい!
面白い!
もっと知りたい!

このような記事を書き、もっと詳しい情報提供を行っています。

例えばですが過去のメルマガではこのような記事を配信しています。

・読者やいいね!を増やしても集客できない理由
・毎日50のアクセスで1000人の見込み客を集めた方法
・手書きチラシ3000部で20名集客の事例紹介

このように、ブログで売るではなく、ブログである属性のお客様を集めて、その人たちに喜ばれる記事を書く事が集客の仕組みの基本中の基本なのです。

「集めて納得してくれるから買ってくれる」という流れを理解して、仕組みを作ること。

・誰を集めますか?そのキーワードは?
・訪問者に何を伝えたら喜ばれますか?
・納得安心に至るまでにどんな情報発信やサービスをおこないますか?

集客の仕組みを理解することができれば、自然にアクセスが入り予約や問い合せは増えるものです。毎日販売記事や商品メリットを伝えれば売れるわけではありませんので注意してくださいね!

もっと詳しい情報はメルマガで配信しています。

The following two tabs change content below.

城岡 崇宏

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。