集客までのプロセスを具体的に!

集客には必ず段階があります。知ってもらうだけではなく、どんどん興味をもってもらえるような工夫が必要です。ブログやfacebookでいきなり告知をしても、簡単には人は集まらないはずです。

それは、集客までのプロセスに問題があるからなのです。

そして、もう一つ重要なことがあります。集客するとき、必ずwebサイトなどで告知をすると思いますが、見込み客に正しく情報が届いているのか?ということです。

見込み客とは、将来、お客さんになってくれる可能性のある人のことなのです。当然見込み客が0人なら、いくら告知をしても集客はできないでしょう。

集客は見込み客を見つけることと、その後のプロセスが非常に重要なのです。

具体的にどのように見込み客を集め実際の集客に繋げていけば良いか?

一番簡単な方法は、メルマガをやることです。日々ブログやfacebookでいろんな情報を発信してる人が多いと思いますが、その発信によって見込み客はどこに集まっているのでしょう?

例えば、検索から1人の訪問者がきたとして、その人は明日もブログなりwebサイトを見てくれるのか?ということです。

webサイトには日々いろんな人が見ていると思いますが、アクセス解析だけでは誰が見込み客なのかはわかりません。

メルマガを用意することで、登録者の名前やメールアドレスががわかるので、かなり具体的になります。

 

 

集客のプロセスとは?

ブログ(検索)
facebook(拡散)
メルマガ登録ページ(見込み客獲得)
メルマガで信頼関係を構築(役立つ情報)
告知(集客)

スタートとゴールの話しが中心でモチベーションをあげるのが自己啓発

スタート・プロセス・ゴール、全てを仕組み化するのがマーケティング

現在、ビジネス成功ノートを作っていますが、このノートはマーケティングを理解するものでもあります。

なんとなく頑張っても、たまたまの集客しかできません。

1日1人のメルマガ登録者を目指せば、年間で365人の見込み客が集まることになります。

365人が登録してくれら、最低でも15人くらいはお客さんになってくれるはずです。

なんとなく自分らしく発信してればいいとか、そんなレベルの話なら集客は難しいと思います。

見込み客集めと、ゴールまでのプロセス、しっかり仕組みを作っておきましょうね!

城岡プロモーションのメルマガはこちらです

 

 

ビジネス総合コンサルティング募集

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。