ほとんどの人がブログを書く時間を無駄にしている。1記事に5時間かけるブロガーさんに直撃インタビュー!

ブログを書く時間は無駄?

月間30万PV以上のブログを複数運営するブロガーさんとお話しする機会があり、ブログ記事のことをいろいろ教えていただきました。

まず、結論からですが、この方は1週間に1記事しか更新しないそうです。毎日毎日薄い記事を書いてても時間の無駄。という結論に至ったそうです。(この人の場合です)

続けてこんな質問をしてみました。1記事にどれくらい時間をかけますか?文字数とかは意識していますか?

1記事を書き上げる時間はだいたい5時間くらい。休み休み書くと丸一日かかります。文字数は特にこだわっていませんが、なんだかんだ5000文字くらいにはなってしまいます。とのことでした。(この記事は、ここまでが279文字なので、約18倍のボリュームということですね)

毎日1時間中途半端な記事を書いても月間30時間はかかります。それなら1記事5時間で6記事書いた方が効率良くアクセセスを集めることができる。

どちらが効率良く集客できるか?

1記事1時間×30記事=30時間(薄い記事)
1記事5時間×6記事=30時間(濃い記事)

 

全部が全部、検索を狙った記事を書いているわけではありませんが、もちろん僕も狙って書くことがあります。確かに2,3時間なんてあっという間ですよね。でも、ほとんどの人はそんなに長文は書けない。文章が苦手。という理由で、他の簡単なSNSを使うことが多いです。

ブログ記事が書けない!毎日なんて無理!

まず、毎日更新しなければいけないという思い込みを捨てましょう。それよりも1記事1記事丁寧に仕上げることが重要です。

今まで検索からのアクセスを全く意識していなかった方は、新たにブログを始めた方が早い場合もあります。アメブロなど無料ブログでは性質上、不利なことが多いので、独自ドメインのワードプレスをお勧めします。

毎日のブログ更新は難しくても、週に1記事2記事なら書けそうじゃないですか?ブログは正しく作ると自然にアクセスが集まってくるようになります。ちょっと気が遠くなるかもしれませんが、正しい記事の書き方を覚えれば、将来やっててよかった〜!と思えるようになるはずです。真剣にブログをやってる人はみんなそう思ってるはずです。

焦らずじっくり取り組むことが大事ですね。

 

検索されるブログ記事を書くための準備

記事のターゲットを決める(悩み・知りたいこと・困りごと)
記事の目的を決める(どんな行動を取ってもらいたいか?)
キーワードを決める(検索する言葉)

まず、この3つを決めることが基本です。

例えば、この記事では、ブログを書く時間が無駄と感じてる人がターゲットです。でも、本当に無駄と感じているなら、この言葉では検索しないはず。何かヒントが欲しい可能性が高いのでは?と考えました。

その人たちに、週1回の更新で30万PV集める人がいて、こんな方法でやってますよーと伝ええること、そしてそっか!今までと違うやり方でやってみよう!と意識と行動を変えてもらうことがこの記事の目的です。

記事を5つに分解することで長文が書きやすくなる

この記事も下の図解と同じ構成で記事を書いてます。小さな文章を5つ組み合わせて1つの記事を書いてみました。まずは1500文字程度の文章を作ってみましょう。

いきなり1500文字と言われると、それだけで気持ちが重たくなってしまう方もいると思いますが、文章はいくつかの要素を組み合わせて完成させるものです。300文字程度なら書けますよね?

1日300文字の文章を毎日投稿するのと、5日分まとめて1500記事の1記事として投稿するのでは、どちらが見込み客に発見されやすいか?もうおわかりですよね。

ブログを書く時間を無駄にしないために

検索されない記事を書いてる方は、時間の無駄と感じるかもしれませんが、検索される記事が書ける人にとっては無駄どころか、もっともっと工夫したくなるものです。

文章が苦手な方でも、この記事の通りに書いていただければ1500文字程度の文章を書くことができます。まずは、1500文字の文章から書けるようにトレーニングしてみてください。

ここまでで、1686文字。時間にして約60分です。5000文字となると、やはり3時間から4時間はかかりそうですね。

 

週間城岡メルマガもよろしく!

毎週火曜日に、ビジネスに役立つ情報を配信しています。経営の考え方、集客方法、SNSの活用方法など、興味のある方はぜひ読んでみてください。
登録はこちらです。

ビジネス総合コンサルティング募集