理想のお客様がどんどん集まるコンセプトの作り方

理想のお客様がどんどん集まるコンセプトの作り方

毎日のように、いろんなお店のコンセプトのアドバイスを行っています。集客効果を出すために必要なこと、まずは現状分析です。分析といってもそれほど難しいやり方ではありません。

私がオススメしている方法は「お客様の声」を集めることです。もちろんお客様の声が全てではありません。でも、お客様の声は正直です。来店前の悩みや欲求、リピートしてくれる本当の理由を正しい方法で集めることで、お店の価値がはっきり見えてきます。

私もお客様にいろいろ聞くようにしています。すると、こんな答えが返ってきます。「他のコンサルタントと反対のことを言うことが多く、共感できることが多いから。」

どういうことかというと、私は「お店経営者」を対象に商売をやっています。お店経営者以外の方のためにブログ記事を書くことはありません。他のコンサルタントと違うことも言います。

それは、自分自身が店舗経営者時代にしているので、実際に体を動かして仕事をしている経営者ができる範囲が想像できるからです。

空き時間にぱぱっとブログ記事を書くなんてことは、よほど慣れた方じゃないと難しいですよね。営業中お客様がいないからといって、その時間に営業以外のことは考えられないと思います。

限られた時間と限られた予算で、目標を達成するためには、まずは商売のコンセプトをしっかり見直すことだと思います。

コンセプトが曖昧だと結局は面白いイベントだったり安売りのキャンペーンだったり、次につながらないお客様ばかり集まってしまいます。

あなたならではなのどんな価値を提供するか

その価値を求める人はどんな人か?

最低でも、ターゲット客とメリット(変化)は明確にする必要があります。

お客様にはこのように聞いてください。

「どんな悩みや欲求があるのか?」
「購入を決めた理由」
「購入時迷ったことがあればその理由」
「何度も通ってくれる理由」
「実際にどんな変化があったか?」

そして、お客様の声や実績から次の10の質問に答えてください。

「誰に振り向いてほしいの?」
「その人はどんな良い変化があるの?」
「なぜこの商品を選ばなければいけないの?」
「その証拠や根拠は?」
「商品の詳細や購入手順は?」
「この人は本当に分かってくれるのか?」
「不安の排除(リスク対策)はできているか?」
「想いが伝わり、安心してもらえているか?」
「どんな実績を伝えれば、安心してもらえるか?」

これが、私が推奨する、もっともシンプルなやり方です。

他にもいろんなやり方があるのでしょうけど、細かいノウハウを1つ1つ実践することは不可能だと思います。

この記事に書いていることをしっかりまとめることができれば、チラシ、名刺、パンフレット、ショップカード、ブログ、HPなど、いろんなメディアで応用することが可能になります。

そして、実際にこの方法で成果を出している人がほとんどです。誰でも簡単にできるかというと、正直、慣れは必要です。

集めた素材から、どんな答えを出すか?多分、集客や売上アップで悩む方がいるとしたら、答えの出し方ですね。

だいたいコンセプトをまとめるのに、1ヶ月〜3ヶ月はかかります。ブランディングまで意識さえてる方は、もっと時間がかかると思います。

でも、一度ビジネスコンセプトを作ってしまうと、その後の発信がとても楽になります。ターゲット客も明確、メリットも差別化ポイントも全て明確になります。

あとは、自分が何を使って発信するかですね。

このコンセプトをまとめることで、お店の価値も、商品のメリットも、自分の専門性も全て伝えるが可能になります。

実際にコンセプトをまとめたらチラシとブログでアウトプットしてみてください。チラシはいきなり大量に配るのではなく、3000部程度で十分だと思います。ブログもしっかりキーワードを選定して、丁寧に50記事程度書いてみることです。

The following two tabs change content below.

城岡 崇宏

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。