Facebookは仕事に使えるか?について

fb1

明日10月12日21時より、武藤さんの『儲かるFacebookの投稿講座」のキャンペーンが始まります。今多くの人が関心を持ってるFacebookの投稿方法について詳しく書かれているいますので、是非読んでみてください。

よい機会なので、僕なりのFacebook活用方法を書いてみたいと思います。

まずFacebookは仕事に使えるか?についてですが、仕事以外の使い道を探す方が難しいかな^^;

仕事のためのSNSと言ってもよいのではないでしょうか。(趣味なら他にもっと良いSNSがありますので..)

今回は特別にちょっとだけ数字をお伝えしますが、この数年でブログやWEBサイトの依頼件数は5倍以上になってます。その理由はやはりFacebookのおかげです。

皆さんもご存知の通り、私はいつも風景写真を投稿しています。9割は自我自賛の自己満足写真なのですが。残り1割にはどんな意味が含まれているのか?やはり見てもらいたいからですね(笑)

ここで重要なことは、誰に見てもらいたいか?です。

・写真が好きな人
・北海道ツアーに参加してみたい人
・自分探しの旅に出かけたい人。笑

などです。

2017年も北海道ドライブツアーを開催する予定ですが、もう既に数名の方からメッセージをいただいています。しかも、それほど親しくない人から。

その他にもこんなメッセージを頂くことが多いです。夜景を綺麗に撮るにはどうしたよいか?初心者向けのカメラはなにを選べばよいか?など、メッセージでは写真やカメラに関することでコミュニケーションをとることができるわけです。

集客のために狙って投稿しているわけではないのですが、結果的に交流が深まり、自然に仕事の相談に繋がることも多いのです。

つまり、

・自分が継続できる好きなこと
・相手の好みや関心があること

ここに共通点があるから、繋がりが増えていくのだと思います。

これが個人のタイムラインでの発信です。

Facebookページでは、一切写真の投稿はしていません。9割が相手が知りたい内容です。集客・マーケティング・経営に関する、悩み解決記事やビジネスの考え方などを発信しています。

日々のビジネス相談やクライアントからの質問などからヒントを貰い、それをブログで投稿。そして、そのページをFacebookページでシェアするという流れです。

Facebookページは、リーチの数やクリック数がわかりますので、投稿を具体的に分析することが可能です。セミナー告知もタイトルによってクリック数が変化することもわかるし、よい記事を書いてもネタ的に読まれないという厳しい現実もわかったりします。

いいねの数は全く気にしていません。それよりもクリック数が重要ですからね。

Facebookページを個人でシェアすると拡散力が増すといわれていますが、あまりにも目的が違うので自分の場合はあまりシェアしないようにしています。その他にも、イベント、グループ、Facebookページの複数活用など、使い方はまだまだたくさんあります。

 

興味のある方は、是非、武藤さんの本を読んでみてください。

キャンペーンの詳細はこちらのページでご確認を!

61e4hxzjxcl-_sx350_bo1204203200_
The following two tabs change content below.

城岡 崇宏

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。