明確なビジョンを持ち、周囲に希望や喜びを与え続ける

商売が上手な人は、とにかく人に与えるのが上手です。お客様がワクワクするような商品やサービス、ビジネスパートナーが魅力を感じる事業計画、社員のやる気を引き出すビジョンや報酬。

成功できる人の特徴は、ビジョンが明確で周囲に希望や喜びを与え続けていると言えます。

リーダーシップの専門家で南カリフオルニア大学のバート・ナヌス教授の言葉をお借りします。教授はビジョンの意味をこのように解説しています伝えています。

・ビジョンは、人を魅了し、力を与える。
・ビジョンは、働く人に意義をもたらす。
・ビジョンは、超一流の規範を創り上げる。
・ビジョンは、現在と未来の架け橋になる。

「誰かに力を与えたり、懸け橋になっているのだろうか?」そう考えるようになったのが今から10年前のことです。『自分がきっかけで、人と人が繋がり、みんなが成長していく関係を作ることができたらどんなに素晴らしい人生になるだろう。』

綺麗な言葉を並べるのは簡単なのですが、具体的な表現となるとこれが難しいのです。

いろいろ考えながら仕事を進めていくと、ビジョンは大きく2つに分かれることがわかりました。お客様に向けた外部向けビジョンと、提供する側の内部向けビジョン。内外両方持っているのが創業者なのです。

よくお客様の立場になって考えろ!という経営者がいますが、従業員にそんなことを言っても理解し実行するのは難しいでしょう。そもそも、そういった視点で仕事をしていない人は少ないのです。

社員にやる気を出させるためには、近い将来、自分にこんな報酬やライフスタイルが待っていると明確なイメージを持ってもらうことです。

これを実現させる!そうなった時は、君は現場のリーダーとして全世界を飛び回って仕事をしている。もちろん報酬は今の5倍になる。

業者やビジネスパートナーに対しても同じです。やはり自分が目指していることやこだわっていることが伝わるとビジネスにつながることが多くなります。

ビジョンは他人への影響だけではありません。長く経営すると方向性で迷うこともあります。そんな時は自分の描いているビジョンを思い出してみてください。そうすることで、進むべき道を見失うことは無くなります。

ビジョンをもっとわかりやすく言うと、中期経営計画のようなものです。5年後までにAを実現する!というビジョンがあり、Aを実現することで周囲はこのように喜ぶ!というイメージを持ち実行することで、あなたのビジネスは間違いなく成長するでしょう。

2017年からスタートするビジネス総合スクールでは、ビジョンや理念の見直しからスタートする予定です。詳細はメルマガでお伝えします。

11月20日(日)第4回鹿屋勉強会
〜 ビジネスを理解し、新しい自分を表現する 〜

11月23日(水)鹿屋ママケアイベント
幸せな起業家になるためのゼロスタートセミナー

11月23日(水)鹿屋ママケアイベント
ブログSNSを活用した自分発信勉強会

12月5日(月)東京セミナー
変化は必ず訪れる-ビジネスを成長させる13の要素-

lgf01a201406160900
The following two tabs change content below.

城岡 崇宏

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。