読みたくなるサロンチラシを作る3つのコツ

読みたくなるサロンチラシを作る3つのコツ

サロンチラシ

引きつけるサロンチラシを作るにはどうすれば良いか?

経費を書けず自分でデザインする人も増えてきましたが、見込み客に読んでもらえるチラシのコツを知らなければ反応率はあまり良くならないと思います。

コツ1・誰がどうなるのか?何がどうなるのか?

誰がどうなるのか?何がどうなるのか?「どうなる」とはメリット、変化、便利さなどです。

「どうなる」については、お客さまの悩みをヒントに考えてみてください。「どうなる」にニーズがあれば集客できるし、ニーズがなければ反応は悪いです。ニーズが悪い場合、発想を変えて、別の切り口でお客さまの心を掴むことです。

コツ2・誰から何を買うのか?

モノの価値だけで集客できる時代は終わったような気がします。ほとんどのお店がモノの価値を伝えようと頑張っていますので、同じように伝え方になってしまいます。

まだ会ったことも無い人から信用を得るのはとても難しいことですが、リアルな写真や自分が約束していることなど、「自分」を具体的に表現することで反応率は確実に上がります。

そして何を買えば良いのか?ここがはっきりしていると、さらに反応が高くなります。あれもこれもたくさんの商品を紹介する必要はありません。

コツ3・印象

チラシの目的は宣伝です。でも、しつこい売込みやセールス文は、お客さまに良い印象を与えません。

しつこく口説き落とすメリットばかり書いたチラシはあまり良い印象を与えないかもしれません。

誠実さ、可愛さ、優しさ、こればかりは理屈ではなく印象の問題です。なんとか集めてやろう!と思った時点でそのチラシは失敗に終わるよな気がします。

雑なチラシや読みにくいチラシは、その人の仕事も「雑」という印象を与えてしまうかもしれません。

この記事では「方法」ではなく「コツ」をお伝えしました。3つのコツ理解していただければきっと反応の良いチラシができると思います。

12月7日、ブログ&チラシ集客レシピ公開します!

The following two tabs change content below.

城岡 崇宏

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。