1人で店舗経営をしている人の時間の作り方

美容室や飲食店など1人で店舗経営をしている人からよく相談されることがあります。『仕事は好きなのだけどゆとりある時間が作れない』『好きなことをやる時間がない』という相談です。

まず、はじめに確認したいことがあります。1人で店舗経営をする場合、決めた営業日数分は仕事をしなければいのは当然のこと。

自分で休みを決めない限り時間を確保することは不可能です。もし、仕事以外にやりたいことがあるなら、休日を増やせば良いわけです。

でも、それができない。という経営者が非常に多いです。なぜかというと、1日休む=1日分の売上が減ると考えてしまうからですね。

でも、それは気のせいであることが多いです。1年は365日。何日営業して何日休むのか考えたことはあるでしょうか?

例えば、365日年中無休で1000万円売る商売をやってたとします。1日の平均売上は27,397円なのですが、そもそも1日いくらの商売をやってるのでしょうか?

考え方は色々あります。

年間10万円使ってくれるお客さまが100人いたら売上は1000万円です。
1日4万円で250日営業の商売でも年商1000万円です。
年間20万円使ってくれるお客さまが50人いたら1000万円になります。

1日の売上×営業日数という計算をしてしまうから、自分の時間分の売上にしかならないと錯覚してしまうのです。

まずこの3つは考えてください。

(1)年間目標売上:1000万円
(2)年間営業日数:250日
(3)自由な時間(やりたいこと):10日海外旅行
(4)戦略に使う時間:45日
(5)休日:60日

年間の時間をフルに仕事に使うのではなく、好きなことをする時間や戦略やその他の仕事をする時間が何日必要なのか?365日を分解してみて欲しいのです。

よく時間は作るものと言いますが、作るというよりも時間配分や優先順位の問題だと思います。

それでも時間が足りない。もっともっと自由な人生を送りたいという人については、じゃあどうして店舗経営をしたのですか?どうして従業員を使わないのですか?という話になってしまいます。

ですので、そもそも今の経営スタイルがこれからの自分に合ってないと思うなら、自分以外の人を動かす仕組みを作らないことには現状を変えることは不可能なのです。

そうしたくても簡単にスタッフは集まらないし、スタッフを育てるだけの時間もお金もない。そういう方もいます。

オンライン講座をやってみたり、通販をやってみたり、時間を作るために他のことをやる人もいますが99%の人はうまくいかないでしょう。

なぜかって?本来講座も通販も本業としてガチでやってる人がたくさんいるからです。ちょっとの空いた時間で稼げるほど甘くないのですね。

ちょっと厳しいことを言いましたが、「1人で店舗を経営する」という道を選んでしまった以上、その範囲で楽しみを見つけていくしかないのです。

1つだけ方法があります。

ビジネスモデルを1から作り直すことです。もし現場を離れたオーナーという立場で仕事をして、もっと自由な時間を作りたいなら、自分の時間を使わなくても稼げる仕組みを考えてみてください。

今思う自分の理想を大切に。自分が本当に好きなことややりたいことを精一杯やることだと思います。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。