城岡のコンサル起業1年目:月商2万円飛び込み営業を続ける毎日

この記事は一個人に向けた記事ではなく一般的な話です。僕自身も経験していることだし、起業する多くの人が通る道でもあります。

期待もあり不安もあり、でも「なんとかなるだろう!」と、起業直前は前向きに考える人が多いと思います。

でも、多くの人は起業1年目に厳しい現実を実感することになります。

「多少貯金もあるし、20万円くらい稼げばとりあえずなんとかなるだろう。」僕もそう思っていました。でも、実際は20万円どころか2万円稼ぐのも精一杯なわけです。

想像の半分ならまだなんとかなるかもしれません。でも、想像していた数字の10分の1程度の売上だと「もしかして俺はとんでもない失敗をしたのでは?」と急に不安が大きくなったりします。

焦りと不安から行動もおかしくなってきます。人の話を極端に聞けなくなったり、逆に人の意見に振り回されてしまったり。

そして、「なんとか売らなきゃ!」という気持ちが強くなりすぎると、理想のビジネスとかけ離れた、目先の利益だけを求めた商売になってしまいます。

そうなると、本当の悪循環の始まりですね。そうならないためにも、目標・ビジョンを再確認して、未来へと繋がる経営をすべきだと思います。

ここから先は、僕自身の実体験を書いてます。興味のある方は読んでみてください。

 

コンサルタント1年目。今から10年以上前の話です。

「経費もかからないし、なんとかなるだろう」僕も先ほどお伝えしたように、なんとかやるだろうと考えていました。

企業やお店にDMを100通くらい送れば、1件くらいは仕事が決まると思っていたのです。

電話帳で住所を調べて、飲食店を中心にDMを出しました。1通300円くらいのコストだったので、100通で3万円くらいになります。

100通目…問い合わせ0件
200通目…問い合わせ0件
500通目…問い合わせ0件
800通目…問い合わせ0件

・・・・・・・・・・・・

何これ…

宛名書きの時間とお金ばかりがかかり、DM代に何十万円もかけたけど問い合わせは0件でした。

やっぱり、知ってる人に営業しなきゃダメだよなと考えて、次は知ってる経営者にいろいろ提案しにいきました。

話は聞いてくれるけど「今はそういう時期じゃない」とか「俺はいいけど、他の役員が」とか、いろいろ理由をつけてあっさり断られてしまいます。

提案書を真剣に見てくれる人はいませんでした。

お金が底を尽きてきたので、次にやったことは飛び込み営業です。ほんと無謀なことをやりました。笑

結果は散々だったのですが、1つだけ小さな仕事をいただくことができました。そして、その小さな仕事がきっかけで、どんどん仕事が増えて行ったのです。

小さな仕事とはなにか?

それは、名刺作りでした。

 

上の画像は当時の名刺ではないのですが、名刺はこんな感じでした。自分の仕事内容を全部書いて、顔写真を入れた名刺を営業ツールにして全道を動き回っていたのです。

そんなある日、携帯電話に1本の電話が入り、「この前営業にきてくれた人だよね?名刺作りのことで相談があるんだけど」と、名刺の制作について問い合わせをいただいたのです。

え?と思いました。

僕は、名刺の中に「名刺を作ります」とは一言も書いてないし、そもそも名刺作りをすることなんて頭になかったからです。

早速そのお店に行ってお話を聞くこと、「いや〜城岡さんの名刺って面白いよね〜。こんな名刺作れるかな?」と言ってくれたんです。

そして、制作費1万円で名刺を作って納品したら、すっごい喜んでくれて、次は従業員の分、それと、友達も紹介するから!と、あっという間に20件くらい仕事が増えたのを覚えています。

1万円×20件というのは当時の僕にとってはすごく大きな金額で、1ヶ月半くらいは生活が出来る金額でした。

名刺はリピートになります。100部程度では利益は薄いのですが、当時はどんな小さな仕事でも直接お店に届けていたのです。

経営者の方との関係を深めることが目的でした。なんだかんだで、名刺の顧客だけで30店舗以上になり、月に1回は用事がなくてもお店に訪問するようになったのです。

気づけば、名刺だけで年間300万円くらい利益がでるようになっていて、1年半で100万円くらい貯金もできるようになっていました。

「でも、俺がやりたいのはコンサルなんだよなー」なんて悩んでいた時、あるお客さんがこんなことを言ってきたのです。

「城岡さんって、名刺作りが本業なの?いろいろ経営のことを知ってるみたいだし、売上をあげるコツを教えてよ。」

突然だったので、初めはなんのことか理解できませんでしたが、勉強会をやってほしいという要望でした。

それから1ヶ月後、その人と他3人の経営者、合計4人で勉強会を開催しました。

だいぶ古い話ですが、2008年くらいの話だったと思います。

勉強会タイトルは、「小さなお店のリピート集客勉強会」です。聞いたことがある人もいるかな?

この時、はじめて人前で、リピート客を増やすことの重要性や方法をお話しました。予想以上に反応が良く、なんと、4人全員が僕のコンサルを受けると言ってくれたのでした。

当時は6ヶ月で15万円という契約のみで4人の合計売上は60万円。

「これでやっとスタート出来る!絶対に成果を出す!」と気を引き締めて、コンサルの準備を進めました。

この4人のコンサルをすることで、いろいろ仕事が増えて、良い状態にはなってきたのですが、名刺を作りながら、コンサルをして、飛び込み営業というのは効率が悪すぎるのです。

どんなに頑張っても月商50万円を超えることが出来ずに悩んでいました。

2010年。ある決断をします。

「飛び込み営業をやめて、ネットで集客しよう。」

実は、僕は2010年頃まで、ネットが全く使えない人間でした。メールくらいはできましたが。笑

でも、なんとなく世の中が変わってきて、東京では「ビジネスブロガー」という人たちが目立つようになってきたのです。

「俺もブログで集客できるようになる!」と決めて、毎日5時間のブログトレーニングがスタートしました。

実際は5時間どころか7時間8時間ブログをやっていた時もあります。

何をかけば良いかなんてわかりません。ただただ書くだけ。書けば反応がわかる。反応がわかれば改善できる。その繰り返しで、年間1000記事を目標に、とにかく突っ走ってブログを書き続けました。

ブログのタイトルは「小さなお店のリピート集客術」今も更新しているアメブロのことです。

コメントもたくさんいれた、読者登録してくれた人には、必ずお礼のメッセージを入れた。とにかく出来ることはなんでもやりました。

そうすると、こんなことを言われるようになったのです。

「北海道でアメブロといえば城岡さんがいるよね。」

ほんと一部の人なんだけど、こんな風に言ってもらえることが増えてきたんです。

ここから先は、またの機会に書きますが、危機的な状況から抜け出すことができたのは、「出来ることをなんでもやった」「とにかく人と会った」「目標を忘れなかったし変えなかった」「ガンガン発信した」これだけです。

一言でまとめると「行動力」があったということかな。自分で言うのもなんか変ですが^^;

うまくいかない時、どうしても考え込んでしまいます。考えるのは悪くないのですが、できればその日のうちに決断すべきだと思います。

決断を明日に伸ばすな!

今すぐ決めろ!

なんでももやれ!

目標を忘れるな!

とにかく動け!

失敗は一度とは限らない。この先もきっと失敗するでしょう。

この先、どん底を経験することだって十分ありえる。

でも、どんな時でも、僕は前をみて行動するよ。

今の悪循環が3年後には笑い話になるように。

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。