最大の敵は自分、自分に負けない起業家になるために

最大の敵は自分

ほとんどのビジネスにはライバルが存在します。ホームページ制作会社もたくさんあるし、体調不良を整えてくれる専門家もたくさんいます。何十年も前は、モノで溢れている時代ではありませんでした。そういう時代は、モノを大量に生産するだけでうれました。しかし、今は時代が違います。モノは豊富に揃っているし、お客様はより自分にあったモノを選ぶ時代です。

では、ライバルに勝つことがビジネス成功なのか?

アメリカでは相手を打ち負かすという考え方に共感されると思いますが、同じように日本でも「相手に勝つ」という考え方が共感されるでしょうか?私は誰かに勝つという感覚がほとんどありません。どちらかといえば、精神面で「自分に負けない」という表現のほうがしっくりきます。

やるべきことは明確です。でもそれができない。できないのはライバルのせいではなく、自分自身の心。最大の敵は自分なのです。

 

自分に負けない起業家になるために

 

自分に負けない起業家になるためには、自分の弱さを知る必要があります。スケジュール管理が苦手、長期的に考えることができない、継続することが苦手、人は意外と簡単なことが苦手な生き物です。期日を守るという当たり前のことですらできない人もたくさんいます。

こんな当たり前のこともできずに、起業することができるのか?成功といえるような結果を出すことができるのか?自分を客観的に見ることも重要です。

 

弱さを確認したらどうする?

できないをできないままにすれば、現状維持かそれ以下の人生になってしまいます。仮にあなたはスケジュール管理が苦手な人だったとします。スケジュール管理が苦手なので、いつも時間に追われる生活で、やるべきもとも全然進みません。

方法は2つ

1,スケジュール管理してくれるスタッフを雇う

2,自分に負けない心を作る

たぶんこの二択しかありません。たかがスケジュール管理かもしれませんが、これができなければ、ビジネスは成長できないわけですから、どちらかを選ぶしかありません。どちらも無理だというなら、起業は諦めたほうがいいと思います。

 

昨日までの自分とは違うんだ!という意識と行動だけ!

自分に負けないためには何をやればいいのか?実は、そんなに難しいことではありません。昨日までの自分と今日からの自分は別人である!と自分に言い聞かせることです。

法人にして4年目で、社員を4人増やしました。人件費は大丈夫だろうか?いくら計算しても未来の売上まではわかりませんから当然不安です。その時自分はこう思いました。昨日までは事業主。今日からは社長。たったこれだけの意識の変化で、自分のあり方や行動が変わるものです。

昨日までの自分と今日からの自分は何が違うのか?感がてみてくださいね。ちょっとした意識の変化で、ビジネスは大きく変化します。

 

ビジネス総合コンサルティング募集