同業者と戦わないビジネスを作るために

つい同業者を見てしまう。そして、同業者のやってることを見て、負けたくないと考える。

もうこの時点でライバルには負けてると言ってもよいでしょう。今はライバルと争う時代ではないのです。

今現在、アマゾン、アップル、グーグル、Facebookと同じことをやって、この4強に勝てる企業が世界のどこかにあるでしょうか?

強くなりすぎた企業をよく思わない人もいるわけですが、何を言われたって、これらの会社に太刀打ちできる同業者は存在しないはずです。

もっと小さく考えると、イオンやコンビニVS昔ながらの商店。ツタヤVS個人経営のレンタルビデオ店。

勝てますかね?

品揃えと低価格で顧客を増やしている強者に立ち向かったところで、全く歯が立たない。これが現実なのです。

じゃあ、どうすればよいのか?弱者は生き残れないのか?

そうではありません。視点を変えるのです。

品揃えや低価格で勝負するのではなく、品質で喜ばれるという方法もあります。

コンビニには手作り商品はありません。

だったら、手作り専門の弁当、無添加のお菓子屋、個人商店でもそこでしか買えない価値あるものがあればチャンスはあります。

弁当教室、おかし作り教室などをやれば、地域のお母さんや子供達との関係性を作ることも可能です。

もう少し狭いところの話をすると、SNSで人気のある同業者の存在。

自分と同じようなことを言ってるのに、反応が全然違う。どうして??と思ったことはありませんか?

僕はいつも思ってました。

でも、よくよく考えたら、同業者の投稿にいいねやシェアしてる人は、僕ではなくその人の言葉を求めているわけです。

その人が発する、その言葉に共感してるわけで、誰でもいいというわけではないのです。

「自分」をもっともっと深く知り、「お客さん」をもっともっと深く知り、お客様と自分の隙間を埋めることが、今の時代に合ったやり方です。

城岡プロモーションの同業者は、コンサルタントとホームページ制作会社です。

自分よりも優れたコンサルタントや制作会社はたくさんあります。真っ向勝負では太刀打ちできないのです。

写真が撮れるコンサルタント

経営マーケティングに詳しいカメラマン

外側と内側、どちらにもこだわるのが城岡プロモーションの仕事です。

表ではクライアントが行動し、裏では私たちが支える、外と内、表と裏、両方が一致することで、お互いに成長することができます。

2018年はまだまだ変化する一年になるでしょう。いろんな意味で。

でも、やるべきこと基本は決まっています。

2018年のメルマガお年玉企画は、準備の9割をマスターできる、資料と動画セミナーを用意する予定です。

興味のある方は、ぜひこの機会に登録しておいてください。

https://88auto.biz/ts1973/touroku/entryform5.htm

 

1月は東京都横浜で交流会も開催します。誰でも参加できる交流会です。少人数の交流会なのでゆっくりお話することができますよ^^

http://shirookapromotion.co.jp/2018012829/

 

 

 

 

ビジネス総合コンサルティング募集