売れる写真と売れない写真の違い

売れる写真と売れない写真の違い

ブログやホームページ、チラシ、広告、集客するには、文章と写真で伝えるしか方法はありません。

なので、文章、写真、この2つの基本的なことは絶対に覚えたい技術ですね。

写真は大きくわけて2種類あります。

1つは価値を伝えるビジネス写真。

もう1つは、自己満足の趣味写真。

そして、多くの人が好きなのは自分好みの趣味写真です。

ではこの2つの写真にはどのように違うのか?

ここでいうビジネス写真とは、リアルに「体験」が伝わる写真です。

趣味写真とは、リアルな体験というよりも、感覚的に自分が納得できる写真を言います。

以前は、どちらが正しいというわけではないと思っていましたが、そうではありませんでした。

自己満足写真を使いすぎて、WEBサイトからチラシの反応率を下げてしまったお客様。

タレントのようなプロフィール写真

ふわふわしたイメージ写真

意味不明なかっこいい写真、可愛い写真

加工し過ぎの商品写真

せっかく集客できるサイトだったのに、写真を自己満足に変えてしまったばっかりに、全く集客できないサイトになってしまったのです。

理想の写真は、見ただけでその場で体験していをしているくらい具体的なイメージができるものだと反応率はあがります。

相手に魅せるための写真か

自分が満足するための写真か

あなたならどちらを選びますか?

登録者数1000人突破

無料メール会員
城岡プロモーションでは無料メール会員を募集しております、仕事に役立つ情報から、情報整理に役立つワークシートまで、目標を達成する為の情報が無料で手に入ります。

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。