「集めて売る」から「喜ばれて相談される」へ

「集めて売る」から「喜ばれて相談される」へ

売上アップの図式はとてもシンプルです。見込み客を集めて売るだけですから。笑

今日はタマゴが5円ですよ〜!と安売りをすると地域の主婦がスーパーに殺到します。

当然5円のタマゴをたくさん売っても儲からないので「タマゴごはんのタレ」などを並べて客単価を上げるわけです。

でも自分に当てはめて考えると5円タマゴというネタが無い方も多いです。どこでも手に入る商品や価値がわからない商品では集めることが難しいですよね。

この場合、集客して売るという発送を捨てた方が良いかもしれません。

集めるという考え方から、喜んでもらうという考え方に切り替えること。リピート集客の基本的な考え方でもあるのですが、喜んでもらうことと考えると答えが出ない人もたくさんいます。

でもSNSを使っている人は、実は全員この答えをもっているんです。

どんな言葉で検索されているか調べてみてください。

例えば、「手づくり石鹸 グリーン レシピ」というキーワードで検索があったとします。

誰がなんの為にこのキーワードで調べたか想像できますよね?

この人に喜んでもらえる情報ってなに?と考えたら答えは簡単です。

レシピを知りたい型は初心者です。

きっとわからないことがいろいろあると思います。

グリーンの石鹸を作る為の材料や作方のコツ。そして、完成後の写真。

これならできる!やってみよう!と思える情報で、実際に石鹸作りに成功したらその人は喜んでくれるでしょう。

どんどん石鹸作りの情報発信をして、上手に作るようになったら、さらに上を目指したくなります。

もう独学では限界…誰かに教えてもらいたいな〜と考えたときに、わざわざ全く知らない人に相談するか?ということです。

ネットの世界ではこういう集客パターンが非常に多くなっています。

関係性の構築というやつですね。

集めて売るの基本も大事です。押し売りにならないトークや資料提供も学ぶべきですが、そもそも5円タマゴの法則が使えない方は、「喜ばれて相談されるビジネスモデル」を構築してみてはいかがでしょうか?

ビジネス総合コンサルティング募集