全体の1%が成功者?では99%の人は?

みんなが儲かる1つの方法はありません。でも、自分が儲かる自分だけの方法は存在します。自分に合った方法とはなにか?過去の習慣、好きなこと、苦痛に感じず出来てしまうことの中にヒントがあります。

1%の人しか行動しない。1%の人しか成功できない。このような話しを聞いたことはないでしょうか?

いかにも99%の人が凡人もしくはそれ以下のように錯覚してしまいますが、そうではないのです。

ビジネスの成長速度が遅い人は、みんなが儲かる1つの方法を選びます。人のタイプは9種類あると言われています。(批評家,援助者,遂行者,芸術家,観察者,忠実家,情熱家,挑戦者,調停者)

↑あなたはどのタイプでしょう?

そこに様々な感情や過去の習慣などが入ってきますから、1つのノウハウで成功できるのは、ほんの一握りであることも納得できます。

 

成功者以上に努力しているのに結果が伴わない人は、そもそもそのやり方がその人に合ってないからなのです。

芸術家タイプの人が気持ちよく飛び込み営業ができるでしょうか?援助者タイプの人が自分自分と前に出ることができるでしょうか?おそらく良い結果がでない人が多いはずです。

組織には2タイプの人材が必要と学んだこともあります。大黒柱タイプの上司としっかり見守る母親タイプ。自分がどんなタイプか知らずに似た者同士を集めてしまうと争いが起きたり分裂してしまう可能性が高いそうです。

自己分析がとても重要ということです。

ただ、思い込みで決めてしまうのは危険です。特に相手のことを安易にこういうタイプだと決めてしまうと、作らなくてもよい壁を作ってしまうかもしれません。

自分のタイプをシンプルに決めるとするなら、自分が手に入れたい未来を素直に書き出してみることです。同時に、自分の習慣や過去の実績経験も書き出してみる。

自分自身の棚卸しは非常に重要です。

とても重要なことなので、こちらのセミナーでもお話させていただきますね。

 

 

The following two tabs change content below.

城岡 崇宏

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。