ビジネスを成長させる13の実践ワーク

ビジネスを成長させる13の実践ワーク
Businesss master work 13

2017年にスタートする、思考整理型ビジネススクール「Businesss master work 13」の準備もいよいよ大詰め、12月初旬には全ての準備が整う予定です。

これまでに1000人以上の起業家や経営者のビジネス相談を受けてきました。1のアドバイスを10の実践に落とし込む人もいるし、10のアドバイスで1の行動しかとれない人もいます。

この数字だけを見ると、1のアドバイスで10の実践ができる人が成功できるように思えますが、必ずしも行動力のある人が成功できるわけではないのです。

行動力があっても、情熱なく、効率を考えない経営者は成長しないし、苦手分野が多くて行動力が足りないと感じる経営者でも、熱い想いが人に伝わると、自然に応援者が増えビジネスは成長するのです。

bm2

現在開発しているビジネスマスターワーク13」は、2005年にコンサルタントとしての活動を開始するときに思い描いていた、ビジネス全体の構造を理解することを目的としたビジネススクールです。

なぜ、ワークなのか?

ビジネススクールといえば、スキルを身につける場、ノウハウを学ぶ場というイメージを持つ方が多いと思いますが、これまでの経験上、それだけでは1割程度の人しか成果を出すことができないはずです。

その理由は、「頭」と「手」を使ってアウトプットする作業が極端に少ないからです。

あらゆる角度から自分のビジネスを見直し、頭に浮かんだことを全て紙に書き出してみる。たったこれだけの作業で、どこを伸ばし、何を補えば達成や実現となるのかが理解できるようになります。

理解せずに実行するのと、理解して実行するのでは、結果は当然変わってきます。

理解すべきビジネスを成長させる要素は全部で13個としました。もちろんん用意した13項目がビジネスや経営の全てとは思っていません。より早い段階で成果を感じていただくために、13項目に絞りました。

下の図には12分野しか書かれていませんが、13番め最後のワークは「白紙」独自のワークシートを作っていただくことになります。真っ白な状態から、目標達成までのビジネスモデルをつくり、顧客に長く愛されるビジネスを構築しましょう!

bm

ビジネスを成長させる13の実践ワーク「Businesss master work 13」は、1年かけて総合的にビジネスを理解することを一番の目的としています。

 

東京・札幌の開催は確定していますが、その他の地域は未定です。内容が濃いため、少人数講座となります。12月5日のセミナーでは、もう少し具体的にお伝えいたします。

興味のある方は是非ご参加ください。

The following two tabs change content below.

城岡 崇宏

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。