商品力と仕組みで利益を生み出す方法

商品力と仕組みで利益を生み出す方法

同じ商品でも、その価値観は人によって様々です。例えば、最高級の一眼レフカメラは本体だけで50万円以上、中には本体だけで100万円以上するものもあるわけですが、皆さんは最高級一眼レフカメラが欲しいでしょうか?
 

Aさんは、絶対に欲しいと思っている。
Bさんは、いい商品なのはわかるけど、自分には必要ないと思っている。
Cさんは、もっとコンパクトでリーズナブルなカメラが欲しいと思っている。

このように、人によってカメラの価値観は異なります。

Aさんにとって最高品質の商品を作る

Aさんにとっての商品価値とはなにか?それは、Aさんが抱える悩みや問題を理解すれば、自然に見えてくるはずです。

スポーツや動きのある被写体など、決定的瞬間を撮りたい方は、連写機能が充実したカメラが必要ですが、僕のように風景写真を撮るのが趣味の人は連写よりも高画質。そもそも目的が違うので、カメラに求めることが異なるわけです。

あなたにとってAさんとはどんな人か?まずはそこから考える必要があります。

悩みや不便さ不安を解決し、豊かさを提供するのがビジネス

お客様はどんな困り事があるのか?どんな不便さを抱えているの?ビジネスの基本は相手の悩みを知ることです。

 

「お客様の悩み」を消費者の立場で考えてみる

こんな経験はないでしょうか?欲しいけど今は買わない。考えているうちに「今じゃなくていいや」と購買意欲が低下してしまうこと。
 
欲しいのに買わない。それはなぜか?こういった視点で考えると、商品価値のあるべき姿も変わってくるものです。悩みは解決したいけど、面倒なことはイヤ。このように考える人も少なくありません。
 
・通うのが面倒
・いちいち自分でやるのが面倒
・覚えるのが面倒
・継続するのが苦手
 
面倒な商品にすんなりお金を払うとは思えませんので、何か工夫が必要なわけです。

 

商品価値を伝える2つの工夫

 

方法は2つあります。

・よりシンプルに
・より大きな効果(結果)を

 

 
 
 
新サービスは定額で全てのサービスを受けることができる、オリジナルのビジネス設計プランです。このプランにはwebサイトの制作費やコンサルティングなど全てが含まれています。
 
より効果を出すためには、決まり切ったみんなと同じやり方ではなく、その人だからできる仕組みが必要です。
 
商品をシンプルにまとめ、便利さと結果をウリにしていきたい。たぶん、このサービスは日本中探しても僕1人しかやっていないと思います。
・オリジナルビジネスの設計
・コンサルティング
・ホームページ制作(ワードプレス)
・ブログ運営マーケティング
・チラシなど印刷物デザイン
・各種サポート代行
・勉強会セミナー


全て含めて月額54000円の定額制プラン、よりシンプルに大きか価値を提供する。このプランによって起業家や経営者の様々な悩みを解決できることができます。

 

仕組みはどのように作ればいいか?

・入り口を決めること
・ゴールを明確にすること
・入り口とゴールを繋げること
たったこれだけです。(とはいっても、これが難しいから悩むわけですが^^;)入り口を増やすとは、まず悩みを細分化するとことから始めます。
エステサロンを例に考えてみましょう。
 
肌を綺麗にしたい
・老けたくない
・どのサロンに行けばよいかわからない
・かかる費用が不安
・本当に結果がでるのかわからない
・他で失敗したことがあるので不安
・なぜ良い結果が出るのか知りたい
・通うのが面倒
 
綺麗になったら
・モテたい
・自信を持ちたい
・人生が変わるような気がする
・生き生きした自分になりたい
まだまだあると思いますが、考えられる悩みや欲求を全て書き出すところから始めます。そして、このリストの中で、お客さんの悩みと欲求から「入り口」を決めるのです。

 

一番お客様と接触しやすい方法は?

集客できないとはどういうことか?簡単な話、見込み客との出会う場がないということだと思います。相手はあなたのことを知らなくて、経営者もお客様が見えていない。見込み客と接触するための入り口作りの仕組みができてしまえば、そこから先は意外と簡単に売れていくものだったりします。
 
リアルで会うことばかりが接触ではありません。メルマガ、youtube、無料メール講座など、接触する方法はたくさんあります。見込み客と接触したら、次に考えることは、その人たちとの関係を深め、信頼関係を作ることです。

信頼関係を作る一番の方法とは?

一番かんな方法は、惜しみなく教えてあげることです。なんでもやってあげるではありませんよ。プラスになることを教えてあげるのです。そんなことをしたら、お客さんになってくれないのでは?と心配する方も多いのですが、そもそも情報発信をしているのは自分だけではありません。

 

情報が不十分であれば、他の情報を求める。そんな時代に変わっているのです。見込み客に喜ばれる情報やサービスを考えるためには、やはりお客様の悩みを知り尽くす必要があるわけですね。

 

売り込まないことも重要

見込み客を集めて無料サンプルを配る。サンプルの中には申し込み用紙が入っていて、届くタイミングで提供者側から営業電話がかかってくる。これも仕組みだと思うのですが、もしそれが売り込みと思われた場合、検討中の人も気持ちが冷めてしまうかもしれません。
 
最後の最後まで、「良い情報を教えてあげる」という気持ちを持ち続けましょう。「売る」なんて気持ちが忘れた方が、よく売れるものですから。

 

何をやったらどんな結果がでたのか?

ブログ100記事書いたら、1000PVになった。
記事の動線作りを改善したら、問い合わせが5件入った。
問い合わせが5件入って無料サンプルを提供したら4人が購入してくれた。
 
このように、何かをやったら結果が明確になります。これを仕組みと言います。

 

儲からない人は仕組みではなく目先で動く

わからない人にはわからない。目先と将来の違い。
 
「現実問題今はお金が必要」と言う人は「現実問題それではいつまでたっても変わらない」ということを理解していません。ビジネスは何年もかけて育てるものです。初年度から思うように利益がでるものではないのです。
 
3年後の目標のために、5年後の実現のために、10年後の理想のために、自分にあった仕組み作りをお勧めいたします。
 
 
 
新プランについてのご相談は直接メールで!
全て含めて月額54000円の定額制プラン、よりシンプルに大きか価値を提供する。このプランによって起業家や経営者の様々な悩みを解決できることができます。詳細はこちら
 
ビジネス総合コンサルティング募集