6年前にブログをやると決断した過去の自分に「よく決断した!」と褒めてあげたいです。笑

dk3a9809

できる!と思えばできる。できないと思えばできない。不思議なことでもなんでもなく、「やると決めるか」「やらないと決めるか」、ただそれだけのことなんですよね。

本当にやろうとする人は、とにかく自分から進んで行動します。わからないことがあったら本を買って読んだり、ネットで調べたり、詳しい人に聞いてみたり、自分の思考が「やりたい」と思ってるから行動できるのでしょうね。

一方で、やらないと決めた人は、基本的に自分から動こうとしません。動けないではなく、動きたくないのです。

じゃあ、やりたくでもできない人は?やりたいけど自信がない人は?

正直、ここって自分の専門分野じゃないからよくわかりません。やりたいならやればいいし、やりたくないならやめればいいし、どちらでも良いのでは?と思ってしまうのが正直なところです。

もう少し極端にいうと、やるなら徹底的にやる!やらないなら絶対にやらない!ビジネスに関しては、これくらいはっきりさせる必要があるんじゃないかなとも思うし、

そもそもの話ですが、やるとかやらないとか以前に、やりたいことって頭で考えるより先に身体が動いてませんか?体を動かすと、自然に頭も動き始めるんですね。逆を言うと、動いてないから、思考にスイッチが入らないというのもあると思います。

 

要するに、意識がどこを向いてて、何に集中するかです。例えばですが、私はweb集客にかなり力を入れてます。本気なのです。

1日の発信数はブログメルマガFacebookを全て合わせると、3投稿以上になり月間100発信はしているとになります。投稿数が多ければ良いというわけではありませんが、いやいやじゃなくて、やりたくてやってるのです。

 

そんな私も、6年前まではネットがすごく苦手で、ブログやホームページで集客できたらいいなぁと、ずっとそう思っていたのです。

でも、いざ記事を書こうとしても何を書けば良いかわからない。書いても反応がない。面白くないからやめるといった繰り返しだったわけです。笑

いよいよ仕事が減り生活が苦しくなった時、もうブログを覚えるしかない!と思って、本屋に向かいました。そしてブログ関連の本と文章の書き方の本を数冊買って早速実行したわけですね。

どうしてやりたくないがやりたいに変わったのか?それは、初めの1ヶ月目に毎日更新するという目標と1ヶ月で100記事書いてみるという目標が達成できたからです。

100記事書いたら何が起きると思いますか?

・検索からのアクセスが入ってくる

・コメントやメッセージが入ってくる

・ブログ繋がりの知り合いが増える

ブログのマイページを開き、メッセージのお知らせの赤い文字をみると、わくわくするし、コメントが入るのも嬉しかった。今は、危機的状態まで落ちる前に、ブログをやる!と決断した過去の自分に「よく決断した!」と褒めてあげたいですね。笑

 

ブログ初期の目標である、1ヶ月100記事発信についてですが、実はこの5年間ずーっと継続しています。複数のブログやメルマガがあるので合計したら100配信はしていると思います。

 

やる!という意識が少しでもあるなら、まず1ヶ月、本気で取り組んでみてください。1ヶ月間、余計なことを考えず、それだけに集中する。きっとそれが自信に繋がり、「やりたい!」「できる!」という思考に変わると思いますよ。

 

新しい会社サイトも完成したし!

今年も頑張るぞー!

城岡プロモーション新ホームページはこちら

hp

 

ビジネス総合コンサルティング募集