もっと遠くから自分を見ることだと思います。

もっと遠くから自分を見ることだと思います。

視野が狭い、情報のインプットが乏しい、市場全体を見ることができない。自分の商売がうまく進まないとき、ちょっと遠くから自分を見るようにしています。

PCはとても便利な道具ですが、視野も世界も狭くなるものだと思っています。SNSと言えばFacebook。とても便利なSNSなわけですが、Facebookの存在で世界は狭くなったという人もたくさんいますね。良い意味か悪い意味かはわかりませんが…

比較は良くないと言いますが、比較も大事だと思っています。例えば、成功している会社の経営者がどんなことをやっているのか?と比較して今の自分を外側から見ることも重要だと思うのです。少なくとも自分の周囲の成功経営者はSNSに夢中になることはありません。

SNSをフル活用する経営者
SNSを全く使わない経営者

どちらが良い悪いではなく、成功されてる人の話し見たり聞いたりして、今の自分と比較してみることも重要だと思うのです。

そんなの一人ひとりの自由でしょ?という人がいると思いますが、申し訳ありません。そういうことを言いたい訳ではないのです。

遠くから自分を見ることで、本当にやらなければいけないことに気づくこともあるということが言いたいのです。

住宅街よりももっと田舎に、中古タイヤ屋があるのですが、このタイヤ屋は20年以上前から同じ場所で同じ商売をやってます。20年前は「こんなところに誰がくるの?」と思ってましたが、20年も立つと見方も変わります。

どうやって儲けてるんだろう?

通販をやってるわけでもなく、広告を打つ訳でもない。すごく不思議でした。

昨年末の話し、たまたまその会社の話しが話題になりました。年商を聞いてビックリです。なぜ儲かってるかも教えていただきました。

詳しくは書けませんが、こういうことです。

安く買う仕組みができてる
必要な人が便利と思われる売り方をしている
一度購入してくれた法人との関係を大切にしている

安く仕入れ必要な人に高く売る、そして喜ばれる為の工夫をする。商売の基本ですね。

SNSがなかったら集客の導線が全くなくなるという経営者もいるし、SNSをはじめから活用せずに収益を増やしている会社もたくさんあります。

もう少し具体的に言うと、同じエステサロン経営者でもネットは全く活用していないけど100万円程度の利益はあるという方と、ネットをフル活用しているけど全然売上が足りないという方もいます。

いったいこの差はなんでしょうね?

外側から自分を見ることで、忘れていた大切なことを思い出すかもしれませんよ。

IMG_9928
The following two tabs change content below.

城岡 崇宏

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。