あのグループは宗教みたいって、あなたのグループも同じでしょ!

あのグループは宗教みたいって、あなたのグループも同じでしょ!

日常でもそうだけど、特にSNSの中は考え方が分かれますよね。

いつだったから、あの人たちって宗教みたいだよね〜なんて、絶対に何かに洗脳されてる!なんて言い方をする人がいたんだけど、その時、そりゃそうだろ。と思ってしまいました。

広告的に言えば、商品価値とかベネフィットか、お金を払うメリットによって人が集まったり商品が売れるものだけど、SNSは商品価値よりも考え方が似た者同士が集まるものではないでしょうか?

SNSで集客が得意というのは、必ずしも商品価値の伝え方が上手というわけではなく、「そうだよね」「なるほど」「わかる〜」と言わせるのが上手な人なのだと思います。

世の中に絶対というものは存在しないと言われているにも関わらず、1つの情報や考え方にどっぷり嵌ってしまう。まさに宗教です。そして、その宗教に対して反対の考え方を持ってる人も、それはそれで何か別の考え方を信じているということ。

繋がりや交流が基本ですよね〜とか言われると、繋がりや交流が苦手な人は、そんな基本がどこにある!と反論。バリバリのビジネス系の人が活躍しているのを見ると、いやいや私は仕事人間はダサいと思っています。みたいな..笑

妬みなんかも絡んでくるから、違う場合もあると思うけど、基本的には何事にも3つの考え方があって、右派か左派か中立派に分かれると思うんです。そして、それぞれがその考え方を信用しているわけで、正しいとか間違いとかではないと思うんですよね。

SNSでいうと、自撮りね。

あれって、セルフブランディングになるの?ちょっとよく分からないけど、自撮りを絶対的に進める人と、いやいや自撮りアピールは気持ち悪いでしょ!という人で分かれると思います。関心がない人はどっちでもいいんじゃない?って感じかな。笑

あなたも、あの人たちも、私も、それぞれに生き方やあり方の基本的な考え方があります。そういう面倒な部分を全てまとめた宗教が、人のことなんか気にするな派。ありのままに派。割と新型ですね。

これって、SNSによって見えるようになっただけで、昔から何も変わっていないものだと思います。

—- ここまでは正直どうでもいい話 —-

何が言いたいかというと、考え方はいろいろあり、どこまでいっても正しい答えは存在しないということ。合うか合わないかというのもあるでしょう。

ビジネスを行う上でも考え方は重要なのですが、正確な判断基準はすべて数字となります。

数字が全てではないと反論される方もいると思いますが、数字が分からないと評価基準が見えないので給料も上がらないし、もしマイナス数字が続くと会社は継続できません。

誰が・何を見て・何を買って・何人がリピートしてなど、全て数字で事実がはっきりします。

赤字でも私は私らしくでいいんだ〜とはならないでしょ?

商売で成功したいのであれば、基本的な数字は把握しておきましょう!という強引な結論で締めたいと思います。

そして本日も意味不明な風景写真を..

dk3a1912-2

 

 

 

The following two tabs change content below.

城岡 崇宏

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。