リピート集客ノウハウ

新規集客に困らない「顧客ストック型」を作るには?

新規集客に困らない「顧客ストック型」を作るには?

ストックとは在庫管理の場面などで使われる言葉なのですが、ここで言うストックとはもっと広い意味です。

「お客さんが溜まるお店」「お客さんが溜まらないお店」というと聞こえが悪いのですが、要は顧客が残る仕組みを作ることができれば、売上アップ、利益アップ、単価アップなどにつなりビジネスが安定します。

「顧客がが残る」「顧客が溜まる」ということは、次に購入すべき商品やサービスなど提供する情報が存在することが絶対条件となります。

提供商品や情報が存在しない場合、ストックどころか今までの顧客も離れてしまいます。そして、集客で悩む多くの人は「ストック」という意識は低く、今の集客のことで頭がいっぱいです。

1度購入してくれたお客様は次に何を買えば良いのか?
1度購入してくれたお客様にどんな有益な情報を届けてるか?
もっと知りたい買いたいと思われる情報とはなにか?
関わることで楽しい嬉しいと思われるネタはなにか?

このように、次に提供するモノや情報を整理し、それを仕組みにしてしまえばストック型ビジネスの土台は完成します。

どうすればストック型ビジネスにすることができるのか?

まず提供商品と提供情報の整理をすること。ここが第一歩となり、次にやることは大きな紙に全体の流れを書いてみることです。

下の図は、あるサロンの集客と販売の流れを1枚の図にしたものです。赤丸が強い部分、青いバツ印は弱い部分、このように全体を把握することで、どこをどのように強化すれば、顧客が残る仕組みが見える化します。

全体図

図に書いたすべてを実行するわけではありません。無理なこと無駄なこと得意なこと苦手なこと、実際に数字に当てはめて全体の流れを把握することで、今一番重要なことが明確になります。

具体的には書けませんが、この図の中に顧客がストックされるポイントが5箇所ほどあります。これらの数字が上がっていれば売上アップ、数字が下がれば売上ダウンということになります。

7月11日「東京でリピート集客セミナー1200」を開催します。一人で年商1200万円以上を目指す治療院、サロン、薬局など店舗経営者にオススメのセミナーです。

ブログやfacebookを頑張ってるけど集客できないというのもストック型になっていないことが理由の一つです。顧客を増やす仕組みを見直し、もっと大きな目標に向かってみませんか?

詳細はもう少しお待ちくださいね。無料メルマガ優先でお知らせします。

The following two tabs change content below.

城岡 崇宏

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。

-リピート集客ノウハウ