出来ることをやろう!無理をするから苦痛になってくる。

出来ることをやろう!無理をするから苦痛になってくる。

こうしなければいけない!と、つい無理をしたり、背伸びをしてしまうことってないでしょうか?そして、そういう自分って苦しくないですか?本当はできないのに出来るように演じるわけですから。想像するだけで苦しくなります。

起業してまもない人は、どこで擦り込まれた情報なのか、「やらなければ」という思い込みが強すぎる人が多いように感じます。

得意苦手で考えるのではなく、出来ること出来ないことと考えてみる。まずは「自分が出来ること」をシンプルに考えてみることが重要なのですね。

でも、多くの人は「私よりも上がいる」って考えてしまいます。確かにどの分野も技術やサービスに差があります。

でも、必ずしも最上級のものを求めているわけではありませんよね?例えばですが、最近欲しいこのカメラ。本体だけで60万円ですって。単焦点レンズ、望遠レンズ、広角レンズ、全て最上級で揃えたら150万円近くになってしまいます。汗

 

じゃあ、みんながみんなこういう高級機材を求めていて、3万円5万円のカメラは求める人がいないのでしょうか?

そうではないはずです。

3万円以下のカメラが欲しいと言う人もいるし、予算が15万円でそこそこ綺麗に撮れるカメラが欲しいという人もいる。

 

例えば、コンデジにはこのようなメリットがあります。

・携帯性が高い。どこにでも持っていける。

・レンズを取り換える手間がない。撮りたい瞬間に手間がかからず撮れる。

・初心者でも簡単に撮影できる

 

じゃあ、誰がコンデジを買うの?

例えば、公園を散歩するお年寄りとか、小さな子供がいる主婦とか、ちょっとした記録撮影が必要なビジネスマンとか。

気軽に撮影したいと言う人が想像できます。

そんな人に、露出、シャッター速度、絞り、構図、鮮度など、細かいことを説明しても理解できないと思います。

自分がコンデジだとして、無理に背伸びをしてしまったら、一眼レフには敵わない、本来の見込み客にも伝わらない。誰にも必要とされない商品になってしまうのです。

カメラはこうあるべき!という常識も人によって異なります。必ずしもみんなが最高品質を求めているわけじゃない。

専門家を選ぶときも同じだと思います。しっかり事業計画から作り込みたいという経営者もいるし、初心者起業家だからシンプルに要点だけ教えて欲しいという人もいます。相手の状況によって求められることも変わってくるのです。

背伸びをしたり無理をしてしまう人は、お客さんを見ずにライバルや今までの常識を見てしまう人が多いのですね。

 

自分の仕事の特性

お客さんが求めていること

ここを一致させることはビジネスの基本で、背伸びや無理をすると一致しなくなります。

自分のこと、お客さんのこと、再確認したい人は、こちらの無料メール講座をお勧めします。

3枚のワークシートに記入するだけで明確になりますよ!

5日間無料メール講座 仕事に繋がるSNS見せ方伝え方

 

ビジネス総合コンサルティング募集

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。