決めた目標は絶対にクリアする?それとも難しそうだったら無かったことにする?

mokuhyou

一度決めた目標があっさりなかったことになる。

これまでに、いろんな会社の会議に参加させていただきましたが、一度決めた目標が翌月には無かったことになることがあります。

いろんな事情があるにせよ、目標がなかったことになるほど残念なことはありません。

なぜその目標が消えたのか?上司や部下、いろんな立場の人にそれとなく聞くと、それぞれの理由(言い訳)が返ってきます。

6,7年前のこと。ある会社に訪問したとき、経営者が社員数人に対して怒鳴り声をあげてました。「やる気がないならもう会社を辞めろ!」

すると、ある社員が経営者にこう言いました。「今日は言わせてください!社長の考え方では売上は上がりませんよ!」「いつも一方的すぎるんです!」

よくある上司部下の関係の悪さに本当の原因があるわけですね。こういったケースは珍しくないわけですが、理由はどうあれ、一度決めた目標や仕事を放棄したのであれば、その担当者は無責任ですよね。

普段あまり使わない言葉ですが、こういう場面を見ると、意識が高いとか意識が低いとか、いろいろ考えてしまいます。

こういった問題を解決する方法もあります。問題を「人」にしないこと。やる人はやるし、やらない人はやらない。それくらいに思ってた方が楽だと思います。

そうではなく、仕組みの問題だと思います。やる気がない社員ばかりなのに、なんだかんだでずっと黒字経営という会社もありますからね。笑

明日は3ヶ月に一度の地元企業の研修です。目標が無かったことになっていませんように…。

 

The following two tabs change content below.

城岡 崇宏

個人事業主・中小企業を対象とした、ビジネスコンセプトの見直し、ビジネスモデルの再構築、SNS戦略、リピート集客の仕組み作りをアドバイスしています。